MENU

ホワイトニングは医療費控除の対象になる?負担なくホワイトニングをするには?

 

 

どんなことに関しても、とことん効果を得たいなら、専門の人にお願いするのが一番良いですよね。

 

安心ですし、効果も期待できます。

 

歯のホワイトニングも、専門家である歯科でお願いしたいものです。

 

 

しかし、歯科でのホワイトニングはなかなかに高価なもの。

 

医療費控除の対象にでもなれば、少しは負担になりますよね。

 

ホワイトニングは医療費控除の対処になりうるのか、お財布の負担にならないようにホワイトニングができないのか、今日はそのあたりのお話しをしたいと思います。

 

 

ホワイトニングは医療費控除対象外です

 

結論から言いますと、歯のホワイトニングには医療費控除が適応されません。

 

ですから、全額自己負担ということになります。

 

歯医者での行われているオフィスホワイトニングは1回数万円、なおかつ1回では終わらず、最初のうちは、数週おきに通わねばならず、その後も数か月に1回は通う必要があります。

 

年間で考えると、恐ろしい額の出費になりますね。

 

 

控除や保険適応もなく、毎回数万円のホワイトニングを受け続けるのは、かなりお財布の負担です。

 

お財布の負担にならないホワイトニングはないものでしょうか。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングなら月4,000円程度でできます!

 

そこでご紹介したいのが、ちゅらトゥースホワイトニングです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、月に3,980円+税のお値段でホワイトニングができちゃうんです。

 

通常価格5,980円のちゅらトゥースホワイトニングが、3分の1ほども割引きされて買えるのは、公式サイトの定期便があるから。

 

この定期便に申し込むと、月3,980円で定期的にちゅらトゥースホワイトニングがおうちに届けられるんです。

 

 

安いと効果はどうなのかしら、と思ってしまいますよね。

 

確かに歯科のように即効性はないかもしれません。

 

しかし、ちゅらトゥースホワイトニングは、毎日する歯磨きのときに歯ブラシにつけて磨くだけで、少しずつ歯を白くしてくれます。

 

 

効果の秘密は、PPA(ポリアスパラギン酸)とリンゴ酸の作用で、歯の表面から汚れを浮かせて落とすというところにあります。

 

さらに、歯の表面から汚れを浮かせたら、同じように汚れがつきにくいようにしてくれるんです。

 

成分も天然由来のものが多く、歯を傷つけやすい漂白剤や研磨剤を使っていないので、安心安全なホワイトニングなんですよ。

 

しかも、歯を白くするだけではなくて、歯周病や虫歯予防にも効果があるというから驚きです。

 

これだけの効果があって、月5,000円を切っているとなるとすごくお財布にやさしいですよね。

 

歯科でのオフィスホワイトニングと比べると、かなりお安く感じます。

 

 

 

調べた結果、ホワイトニングは医療費控除の対象外でした。

 

年間数十万円かかるホワイトニングは、一般人にはなかなか難しいもの。

 

それでも歯の汚れはなるべくきれいにしておきたいですよね。

 

 

そんな人はちゅらトゥースホワイトニングで、お安く手軽にホワイトニングしましょう。

 

今なら公式サイトの定期便で、お手頃な金額で始められますよ。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ