MENU

ホワイトニングで痛い思いはしたくない!痛くないホワイトニングをご紹介

 

 

ホワイトニング未経験者にとっては、いろんな気になることがあります。

 

歯医者さんでの施術だと痛くないのか、も気になりますよね。

 

歯医者さんでのホワイトニングは、まれに痛いと感じる人がいるようです。

 

どうしてホワイトニングで歯が痛くなってしまうのか、痛くなくできるホワイトニングもご紹介したいと思います。

 

 

歯科医のホワイトニングが痛い人は知覚過敏!?

 

歯科で受けるホワイトニングで痛みを感じる人は、そうたくさんではないですが確かにいらっしゃいます。

 

原因とされるのは、知覚過敏。

 

歯の表面から内側には神経が通っています。

 

この神経、「熱い、冷たい」といった感覚もすべて「痛い」ととらえてしまいます。

 

そのため、歯に刺激を受けると知覚過敏を起こします。

 

 

歯科でのホワイトニングでは、薬剤を使用しますが、その濃度が濃いものになると余計に知覚過敏を引き起こしやすくなります。

 

この薬剤に含まれている漂白成分、過酸化水素などが痛みの原因となるのです。

 

元々虫歯がある人や、以前に虫歯治療で詰め物やかぶせものをしていたりする人、歯の表面に傷のある人も要注意です。

 

歯周病の人も痛みを感じやすいようです。

 

 

歯科でのホワイトニングの中でもオフィスホワイトニングと言われるものは、薬剤の塗布だけでなく、熱を加えて薬剤の効果をアップさせます。

 

その熱も知覚過敏の原因となることがあり、薬剤の塗布では平気でも、そのあとの熱を当てる段階で痛みを感じてしまうことがあるようです。

 

歯科医でホワイトニングを受ける場合には、虫歯やかぶせものなどは、ガードしてからのホワイトニングをしてくださるようですが、それでも痛いかも、となるとちょっと怖いですよね。

 

 

痛くないホワイトニング、ちゅらトゥースホワイトニング

 

痛みの原因となるのは、漂白成分である過酸化水素であると先ほどお話ししました。

 

ということは、漂白成分の入っていないホワイトニングにすればいいんです。

 

そこでオススメなのが、ちゅらトゥースホワイトニング。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、漂白して歯を白くするのではなく、歯の表面についている汚れを落として歯をきれいにします。

 

よって過酸化水素のような強い漂白成分は使われておらず、歯を傷つける研磨剤も使用されていません。

 

歯にも知覚過敏にもやさしいホワイトニングなんですね。

 

しかも痛みを感じやすい条件に入っていた歯周病予防にも効果があるんですよ。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングならお値段もお手頃です。

 

歯科でのオフィスホワイトニングは1回が3〜5万円ほどかかると言われ、最初は定期的に数週間おきに、ある程度白さが戻ったあとにも数か月に1回は通わなければなりません。

 

年間で考えるとすごいお値段ですね。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、公式サイトの定期便をご利用で、毎月3,980円+税で購入でき、なおかつ家で歯磨きの最後に歯ブラシにつけて磨くだけでいいんです。

 

通う手間もかからず、お値段もお手頃。

 

そして痛みも感じない!

 

 

こんな財布にも痛みにもやさしいちゅらトゥースホワイトニング、購入は公式サイトから。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ