MENU

ちゅらトゥースホワイトニングで差し歯を白くするには条件がある!

 

 

虫歯や折れた歯の治療などで差し歯をしている人もいらっしゃいますよね。

 

差し歯ってちょっとずつ汚れがついてきて、ほかの健康な歯と汚れ度合が違って来たりすると、自分自身で鏡を見たときに、すごく気になってしまいます。

 

家庭で手軽にできるホワイトニング、ちゅらトゥースホワイトニングで、そんな差し歯の汚れも落とせるのでしょうか?

 

調べてみたところ、すべてきれいにできるわけではないみたいですね。

 

汚れの種類によってはちゅらトゥースホワイトニングが効果を発揮してくれるようなので、詳しくご紹介していきます。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングはどうやって歯を白くするの?

 

まずはちゅらトゥースホワイトニングについてちょっとおさらい。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、主成分のPPAやリンゴ酸によって、歯の表面から汚れを浮かして落とします。

 

研磨剤不使用ですので、削って白い部分を出すのではなく、歯から汚れを浮かせるというところがポイントですよ。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングで落とせる汚れはコーヒーなどのステイン汚れ

 

差し歯が汚れる原因の一つは、健康な歯と同じくコーヒーなどのステインなどによるものです。

 

みなさんが日常飲むコーヒーやお茶などからつくんですね。

 

同じような原因にタバコのヤニも含まれます。

 

 

これらの汚れは、ちゅらトゥースホワイトニングでも自分の歯と同じようにきれいにすることができます。

 

なぜならちゅらトゥースホワイトニングが浮かして落とすタイプのホワイトニングだから。

 

通常、研磨剤を使って、歯の表面の汚れをけずり落とすタイプのホワイトニングでは、差し歯を傷つけて劣化させてしまうだけで、白くすることはできないんです。

 

差し歯をした状態で、ほかの歯と同じようにちゅらトゥースホワイトニングをつけて磨いていれば、コーヒーやお茶、タバコなどを原因とする汚れは落とせ、きれいな色を保てるんですね。

 

 

余談ですが、歯に白い色を塗って白くするマニキュアタイプも、ちゅらトゥースホワイトニング同様、これらの汚れをきれいにできますが、一度塗って効果は1日、毎日地道に塗り続けないといけなく、費用もかさみます。

 

 

残念ながら経年劣化などは落ちません

 

差し歯も白くできることがわかったちゅらトゥースホワイトニングですが、残念ながら万能ではなく、落とせない汚れもあります。

 

それは経年劣化です。

 

差し歯も古くなれば経年劣化により、汚れが出てきます。

 

これは差し歯の素材の問題で避けることはできません。

 

そして、この経年劣化の汚れはちゅらトゥースホワイトニングでは落とすことができないんです。

 

表面に付着している汚れではないですからね。

 

 

同じように差し歯などのブリッジの金属が溶けるなどして出てくる汚れも落とせません。

 

ちゅらトゥースホワイトニングが落とせるには、食物などの汚れのみ。

 

金属が溶けて出てくる着色などには対応していないのです。

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングでも差し歯のステイン汚れやタバコのヤニは落とせることがわかりました。

 

しかし、経年劣化によるものなどは落とせませんし、自分の歯にどのタイプの汚れがついているのかは自分では判断しきれませんよね。

 

一番安全なのは、歯科医で差し歯を交換してもらうか、差し歯をホワイトニングする専門業者にお願いすることです。

 

でも差し歯になりたてから、こまめにちゅらトゥースホワイトニングでケアしておけば、差し歯もきれいなまま使い続けられそうですよ!

 

差し歯の汚れも落とせるときがあるちゅらトゥースホワイトニング、気になった人は公式サイトから。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ